羊毛断熱材ウールブレスを選ぶ理由

ホーム・ホームの家づくりは、断熱材に羊毛断熱材ウールブレスを標準仕様として使います。ここではウールブレスを標準仕様で使う理由についてお話します。

日本の住宅寿命が短命な理由

日本の住宅寿命は諸外国に比べて短命だと言われています。過去に国土交通省が試算したデータによると、日本の住宅は平均26年で建替えられているそうです。ちなみにアメリカは44年、イギリスは75年だそうです。

もちろん、26年を過ぎると家が急に崩れるわけではありません。家族構成の変化や家に対する考え方の違いもあるでしょう。「子供は子供で自分たちの家を建てればいい」と思う人も少なくないのではないでしょうか。ですから、日本の住宅が短命である理由が、単純に素材や工法だけが原因ということではないのかもしれません。

むしろ大切なのは住まいの健康寿命

病院のベッドで寝たきりでも構わないから、ひたすら長生きしたいと思う人はそんなにいないと思います。生きているなら健康な体で充実感を味わう日々を送りたいと願うはずです。

それと同じように、住宅もただ崩れずに建っていればいい、存在していればいいとは思いません。その住まいが持っている能力を少しでも長く維持して、そこで暮らす家族のために快適な住空間であり続けて欲しいと考えます。ですから私たちがお施主さんに仕様を提案するときは、いつも住まいの健康寿命を意識しています。

家づくりの予算はどこに重点を置くべきか

オシャレなファッションやアクセサリーで着飾れば見た目が華やかで素敵に見えます。でも、それより大切なのはいつまでも健康な状態を保つこと。そのためには食事や睡眠など、日常生活に気を配ることも必要です。欲しい服やブランド物を買うためにファーストフードばかりの食生活を続けてお金を貯めた経験がある人も多いと思います。頭では良くないとわかっていても、私たちはついやってしまいます。

でも、家はそうであってはならないと思います。家の構造は建ててからでは見えない部分ですが、見えないからどうでもいいのではありません。住まいの健康寿命を考えるなら、構造体にこそこだわらなければいけません。

湿気の侵入を許さない気密重視の家

日本の住宅で一般的に使われている断熱材はグラスウールやロックウールです。これらには湿気を吸ったり吐いたりする機能はありません。そのため、防湿シートや気密テープを使って構造体に湿気が入らないような施工をします。

北陸は日本の中でも年間通して湿度の高い地域、少ないとはいえ地震もあります。この先もさまざまな自然現象に直面するでしょう。それらに負けず、建ててから20年30年後もこれらの気密状態が維持できるかと問われたら、私たちは難しいと答えます。

ほんのわずかでも気密部分に欠損が生じて構造体に湿気が侵入して結露が続いた場合、湿気に弱い構造木材は腐り断熱材にはカビが生えることがあります。このように家が病気になってしまうと、そこで暮らす人たちにとっても良い状態とは言えません。

構造体を健康に保ち続けるウールブレス

断熱材にウールブレスを使えば、構造体を湿気から防がなければならないという考えはいりません。ホーム・ホームでは天井・壁・床にウールブレスを充填するので、家全体が調湿性にすぐれたウールですっぽり包まれます。

ウールだからセーターやマフラーのように虫に食われるか心配になる人もいるでしょう。ウールブレスは岩塩から抽出したホウ酸を原料とする防蟻剤オクトボーを含んでいます。オクトボーは揮発することもなく半永久的に効果が続くので虫に食われる心配もありません。

住宅ローンが終わる前に家の健康寿命が終わってしまう。そんな悲惨な結末にならないように、私たちは仕様と費用のバランスを保ちながらより良い提案をしています。住まいも住む人もずっと健康で暮らすために、結露に強いウールブレスは欠かせない断熱材なのです。

自然素材と造作家具による自由度の高い注文住宅

  • ・限られた予算で質の高い自然素材を使った健康に暮らせる家が欲しい
  • ・アフターメンテナンスにあまり費用をかけなくても長持ちする家が欲しい
  • ・造作家具や照明、ニッチなど自分が思い描く空間にこだわった家が欲しい

石川や富山でそんな注文住宅をご希望なら、ホームホームの家づくりがもっとわかる家づくりマガジンを読んでみませんか?

家づくりのこだわり満載のマガジンを無料プレゼント

ホームホームの家づくりに対する想いや失敗しない注文住宅のための秘訣など情報満載!

土地相談や間取りプラン、資金計画などは無料で承りますのでマガジンを読んでさらに詳しいお話をご希望の方はお気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

Houzzに登録中の金沢市, 石川県, JPのhomehome_k