内部結露に負けない家づくり

結露を抑えて健康的で長持ちする家づくりに重要な3つのポイント

結露は住まう人にとっても家自体にとっても厄介な存在です。

結露には窓やサッシなど目に見える場所に発生する表面結露と、壁内や床下や天井裏など建物の構造部分に発生する内部結露があります。

結露によって発生するカビやそれをエサとするダニが発生すると、住まう人の健康被害につながります。さらに、内部結露は柱や土台を腐らせる原因となり、家の寿命を縮めることになりかねません。

ここでは、結露に強い家づくりに重要な3つのポイントを紹介します。これからマイホームを建てようとしている方に、ぜひ知っていただきたい内容です。

1.熱伝導の少ない樹脂窓を使用する

家の中で最も表面結露を起こす場所が窓まわりです。結露は空気の急激な温度低下によって起こる現象です。室内の暖かい空気が冬の外気に冷やされた窓やサッシに接することで冷やされ、水蒸気が水滴となって付着します。

古い住宅で一般的に使用されている単板ガラスやアルミサッシは、熱伝導率が高く外気の影響を受けやすいため、結露が起きやすい部位になってしまいます。

それに比べて樹脂の熱伝導率はアルミの約1000分の1と言われています。身近なもので言えば、アルミ鍋が良い例えではないでしょうか。熱せられた鍋の取っ手が金属では熱くて到底持てませんが、熱を伝えにくい樹脂製の取っ手なら火傷せずに使うことができます。

熱伝導率が低い樹脂サッシや複層ガラスなら外気の影響を受けにくいので、窓まわりの空気も冷えにくくなります。従って、結露も抑えることができるのです。

今はさまざまなグレードやタイプの窓があります。全ての窓を高性能にする予算がない場合は、窓を設置する方角や開口部の大きさによって使い分けるのもいいでしょう。

2.調湿性に優れた断熱材を使用する

柱や土台などの木材は調湿性を持っています。しかし、調湿性の低い断熱材を使用していて、何らかの原因で構造部分に湿気が侵入して溜まってしまうと、やがて木材を腐らせる結果を招いてしまいます。

室内の湿気が壁内に行かないよう防湿気密シートを貼っているから断熱材にそこまで調湿性は必要ない、と考える人もいるかもしれません。

ただ職人によって施工品質に差が出たり地震などで家が動いたり、新築当初の防湿レベルをいつまで維持できているかは誰にもわかりません。しかも、ここ北陸地方は年間通して湿度が高く、全国の中でも結露対策がとても重要な地域だと言えます。

従って、断熱材自体が調湿性能に優れていれば、たとえ壁内に湿気が侵入しても躯体に被害を及ぼすことはありません。

3.壁や床に自然素材を使用する

漆喰などの自然素材を使った塗り壁や無垢の木を使ったフローリングは、素材自体が調湿性を持っています。そのため、自然素材に囲まれた空間は湿度調整されて結露対策にとても有効です。

もちろんエアコンや除湿器など家電による除湿が必要な場合もありますが、省エネでエコな生活を望むなら自然素材を上手に使った家づくりがおすすめです。

最後に

今回はこれから家づくりを始める方のために、構造や内装部分に焦点を当てて紹介しました。

結露対策には、窓を開けて換気をしたり、ストーブやファンヒーターのような開放型暖房器具を使わないなど、日常生活においても工夫が大切です。しかし、目に見えない内部結露を防ぐためには、やはり構造自体が結露に強くなければなりません。

目に見えない骨や内臓の健康度が人の寿命を左右するように、構造の健康度が家の寿命を左右します。家づくりで優先するポイントは人それぞれですが、家も健康第一だということを忘れないでください。

自然素材と造作家具による自由度の高い注文住宅

  • ・限られた予算で質の高い自然素材を使った健康に暮らせる家が欲しい
  • ・アフターメンテナンスにあまり費用をかけなくても長持ちする家が欲しい
  • ・造作家具や照明、ニッチなど自分が思い描く空間にこだわった家が欲しい

石川や富山でそんな注文住宅をご希望なら、ホームホームの家づくりがもっとわかる家づくりマガジンを読んでみませんか?

家づくりのこだわり満載のマガジンを無料プレゼント

ホームホームの家づくりに対する想いや失敗しない注文住宅のための秘訣など情報満載!

土地相談や間取りプラン、資金計画などは無料で承りますのでマガジンを読んでさらに詳しいお話をご希望の方はお気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

Houzzに登録中の金沢市, 石川県, JPのhomehome_k