家づくりを始めるときに考える災害への備え

2020.7.6

家づくりを始めるときに考える災害への備え

気候変動により、毎年のように大雨の災害が起こっています。

昨日までの日常が一日で奪われてしまう報道を見ていると、決して他人事とは思えない悲劇に心が痛みます。

これから家づくりを始めようと思っている方にとって、頻発している災害は土地選びに少なからず影響を与えるのではないでしょうか。

住宅ローンを利用して家づくりをする際には、火災保険に加入することが一般的です。近年、災害が頻発していることもあり、火災保険の金額も昔より高くなってきましたが、やはり万が一のことを考えるとなおざりにはできません。

火災保険といっても、単なる火災だけではなく、風災や雪災(せつさい)、そして水災や地震など、幅広い災害に備えて保険をかけることができます。

住まいの近くに川がある場合は、水災に備えた保険を検討してみるのもひとつです。その際には、水災の発生時にどんな状態なら保険が下りるのかを確認しておくことが重要です。

いくら水災保険をかけていたとしても、床下浸水では下りず床上浸水になって初めて保険が下りるという場合もあります。

それぞれの災害において保険が下りる条件を把握しておかないと、後になって「こんなはずじゃなかった」ということにもなりかねません。

備えあれば憂いなし。もしもの時にも大切な財産を守るためにできることがないか、家づくりを始めるときこそじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。