無垢の床が暖かく感じる真冬の内見会

2019.1.29

無垢の床が暖かく感じる真冬の内見会

二週連続で開催した白山市と野々市市の完成内見会も無事終わりました。寒い中ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

ホームホームの内見会にはスリッパはありません。スタッフと同様に靴下のまま会場内をご覧いただいています。

寒い時期の内見会だと、リビングや廊下など無垢の床材を使った部分と水回りのクッションフロアの部分の温度差が靴下を通してですが体感しやすくなります。

今回の内見会でも、無垢の床材を使った部分の足触りが「暖かいですね」というお客様からの感想をいただきました。

自然素材である無垢の床は生きていて、その証拠として呼吸をしています。呼吸をするというは空気を含んだり吐いたりという性質のことを言います。

無垢の床がお部屋の暖かい空気を含むので呼吸をしない人工的な床材よりも暖かく感じます。

無垢の床は生きているからこそ多少動いたりという形状変化もします。人工的な床は外部からの衝撃などがなければほとんど変化はありません。それぞれに特徴があり、どちらを正解とするかは住む人が決めるものだと思います。

もちろん床暖房を超える暖かさは無垢にはありませんが、毎月のランニングコストや将来的なメンテナンス費用なども踏まえて考えるとオーナー様それぞれに正解が変わります。

ホームホームの家づくりは、オーナー様の自由を最大限尊重できるように標準仕様を最低限必要な部分に抑えています。

モデルハウスを持たないので一足先に理想の暮らしを形にした内見会へ足を運んでいただき、一棟一棟の個性やこだわりを体感していただけたらと思います。

二月も二棟の完成内見会を開催します。皆様のご来場をお待ちしております。

最新の内見会開催情報はこちらをご確認ください。

Houzzに登録中の金沢市, 石川県, JPのhomehome_k