洗濯動線がスムーズな間取り

延床35坪の3LDK、理想的な洗濯動線を叶えた間取り

かなり前になりますが、土地と間取りを合わせて提案するセットプランを作ったことがありました。今回はその中で実現には至らなかったプランのひとつを材料にして、暮らしやすい間取りについて考えてみます。

取り上げるのは、間口8メートルで南側道路に面した広さ58坪の細長い敷地。そこに描いた延床面積が約35坪の間取り。

1F床面積 79.50㎡(24.09坪) 2F床面積 34.78㎡(10.54坪) 延床面積 114.28㎡(34.63坪)

両親と子供二人の四人家族が暮らすプラン。一階に寝室を置くことで二階に上がる労力を減らし、将来も足腰に負担がかからない間取りになっています。

LDKは23.3帖の広さがあり、ゆったりとしたリビングには南側の開口部から明るい光が差し込みます。

理想的な洗濯動線で家事ラク水まわり

洗濯動線という言葉をご存知でしょうか?

「洗う→干す→収納する」という洗濯物に関する動きの流れを洗濯動線と呼んだりします。家族が多ければ多いほど重労働になってくる洗濯。素材ごとに分けたり色移りしないように気をつけたり、衣類の量以外にも手間がかかるんですよね。

今回はそんな洗濯にかける時間と労力を少しでも減らすために理想的な洗濯動線を考えました。「洗う」洗濯機を置く洗面脱衣場(PR)の隣には「干す」サンルーム(SR)があり、その奥には「収納する」WIC(ウォークインクローゼット)。一直線に繋がっているから移動も最短です。

もちろんWICは寝室とも繋がっているので、朝の着替えや洗面脱衣場での洗顔などの身支度もスムーズにできそうです。

多目的ホールは無目的にならないように

階段を上がった二階にはホールがあります。階段に沿った部分には本棚として利用したり勉強ができるカウンターテーブルにすることも可能です。子供部屋が4.8帖なので、部屋に学習机を置かずにホールで勉強するという選択肢も。

子供部屋をもう少し広くしたいなら、トイレ横の収納を南側に移動させてホールを狭くするという方法が考えられます。ただそうすると、ホールにある南側の窓に影響が出るので採光面での注意が必要になります。

間取りを変えることによって、窓の位置、室内の明るさ、外観デザインなど建物全体への影響も出てくることがあります。設計士はそういったあらゆる面を想定しながら間取りプランを作成しています。

いろんな使い方ができる多目的スペースをあなたの間取りに取り入れようと思っているなら、プランの段階で実際に何をするかを具体的にイメージすることが大切です。

もしそのスペースですることがひとつしか思い浮かばないなら、その場所は多目的ではなく思い浮かんだことをするために最適な空間づくりをした方が有意義かもしれません。

アレンジ次第で平屋にもなる間取り

今回の間取りは一階に寝室があるので、子供部屋が不要なら二階を失くして平屋にすることも可能です。

夫婦二人の生活で大きなダイニングテーブルもいらないなら、キッチンの正面にカウンターテーブルを造作することでダイニングのスペースもスッキリします。

和室が欲しいということになれば、リビングの一部を小上がり和室にして引き出し収納を設けることで、畳コーナーと収納スペースが生まれます。小上がりなら腰かけることもできるので、足腰への負担も減るでしょう。

無料プランニング&お見積りは随時受付中

ホーム・ホームでは、こんな感じでお施主さんのリクエストを丁寧に拾い上げたプランニングを無料で作成しています。その後も打ち合わせ回数に上限を設けず、納得いくまで時間をかけてプランを磨き上げていきます。

おすすめ住まいの実例集

自然素材と造作家具による自由度の高い注文住宅

  • ・限られた予算で質の高い自然素材を使った健康に暮らせる家が欲しい
  • ・アフターメンテナンスにあまり費用をかけなくても長持ちする家が欲しい
  • ・造作家具や照明、ニッチなど自分が思い描く空間にこだわった家が欲しい

石川や富山でそんな注文住宅をご希望なら、ホームホームの家づくりがもっとわかる家づくりマガジンを読んでみませんか?

家づくりのこだわり満載のマガジンを無料プレゼント

ホームホームの家づくりに対する想いや失敗しない注文住宅のための秘訣など情報満載!

土地相談や間取りプラン、資金計画などは無料で承りますのでマガジンを読んでさらに詳しいお話をご希望の方はお気軽にご相談ください。

資料請求はこちらから

Houzzに登録中の金沢市, 石川県, JPのhomehome_k