エアコンをつける日と窓を開ける日

2016.6.20

梅雨。

この時期、天気によって事務所ではエアコンをつける日もあれば窓を開ける日もあります。事務所の隣はコンビニ、前には交通量が多い道路があるので、窓を開けている時はコンビニに来るお客さんの車の音や走行音が結構大きく聞こえます。

コンビニの駐車場で「近隣の迷惑になるのでエンジンはお切りください」という看板を見かけますが、本当にその通りだと実感しています。窓を開けていると、ずっとかかっているエンジン音はかなり気になります。夏や冬はエアコンをかけないと車中にいるのが辛いのもわかるのですが、赤ちゃんがいる家だと昼寝してたりもするので、近隣に住宅があるコンビニに行った際は配慮が必要だと改めて思いました。

そして、今日みたいに窓を閉めてエアコンをつけている日はというと、、、ビックリするほど駐車場の音はほとんど気になりません。事務所内にはラジオが流れていますが、外の音はかすかに聞こえる程度です。

事務所の窓は樹脂窓です。ホーム・ホームの家づくりでも標準仕様になっています。この気密性と断熱性の高い樹脂窓がしっかりと遮音してくれるので、外の音がほとんど気になりません。気密性能や断熱性能が高ければ、温度はもちろん外部の気になる音もしっかり遮音できます。

以前に比べて窓まわりもずいぶん進化しています。引手と錠が一体となっていて、窓を閉めるのと同時に鍵がかかる戸先錠もそのひとつですね。うっかりカギをかけ忘れるという心配もありません(窓自体を閉め忘れては元も子もありませんが、、、)。

そして、家全体を覆っている断熱材のウールブレスも防音効果にすぐれています。高級ホテルのロビーなどではカーペットやカーテンにウールが含まれているそうです。確かに、ホテルのロビーは静かというか騒音が聞こえない感じがしますね。断熱や調湿だけでなく、ウールブレスには多くのすぐれた点があるので、ホーム・ホームの家づくりに不可欠なマストアイテムです。

断熱材や樹脂窓は省エネの家づくりにおいてポイントになる仕様ですが、これらは防音や遮音にも関わってきます。毎日の暮らしで外から聞こえてくる雑音や騒音はストレスになるので、そういう面も仕様を検討するうえで意識してみてはいかがでしょうか。

先日、保育園の開設が住民の反対で断念しているというニュースがありました。小さい子をもつ親としては複雑な気持ちになりますが、ライフスタイルが多様化している現代は昔よりも周囲の音に対して敏感になっているのかもしれませんね。

今日の午前中は金沢市でめでたく地鎮祭が行われました。二人のかわいいお子さんも最後まで静かに参加してくれました。今回のお住まいもウールブレスと樹脂窓でしっかり遮音して、快適な暮らしをしていただけると思います。

Houzzに登録中の金沢市, 石川県, JPのhomehome_k