窓について(^^)

ブログ 2021.03.04

窓について(^^)

こんにちは、ホームホームの武内です!


3月になりましたね。
先日の木曜日3月4日はサッシの日となっています。
「サッ(3)シ(4)」の語呂合わせでサッシのメーカーさん
YKK APさんが制定したものになります。

なので今日はサッシについて少しお話ししていきます。

まず根本的に窓?サッシ?
どう違うの?という方もいるかもしれないので一応ご説明を。

窓枠、硝子、水切り、額縁を組み立てたものを総称でサッシと言います。
なので窓=サッシという呼び名で呼ばれております。


その「窓」とひとくちに言っても色々種類があるのですがホームホームではYKK APさんのAPW330を標準仕様として採用しております。
従来のアルミサッシと比べると断熱性に優れ、冷暖房の消費エネルギーを抑えられます。

そもそも樹脂サッシって何??

樹脂サッシとは窓のフレームが樹脂製で出来ているサッシの事です。
じゃあなぜ樹脂サッシはアルミサッシと比べて断熱性能に優れているのか。

それは樹脂の特性である熱伝導率が低く結露が起きにくくなります(^O^)
冬になると結露が頻繁に発生するのは、低い外気温によって窓ガラス自体の熱が奪われ、
窓ガラスの温度が低くなり易いからで室内側窓ガラスの表面温度が
室内空気の露点温度を下回った場合に結露が発生します。


夏は日射しによって温められた暑い空気の70%近くが窓から室内に入ってきます。
窓の遮熱性/断熱性を高めるとその暑い空気を伝えにくくするため室内の温度上昇をおさえることができます。
冬は家の中であたためた空気の50%近くが窓から逃げてしまいます。

窓の断熱性能を高めると室内であたためた空気を逃がしにくくするため、室内の温度低下をおさえることができます。
このように窓の断熱性能を高めると夏も冬も少ないエネルギーで保冷保温効果が生まれ快適に過ごすことも出来るのです(^^)

ですがAPW330はフレーム樹脂だけではなく
窓ガラスもLow-E複層ガラスというガラスを使っていて熱に逃げにくさは
単板ガラスの約4倍にもなるそうです。

正直文字だけじゃよくわからないですよね(笑)
そんな時はYKKAPさんのショールームでもとてもわかりやすく説明してくれますので是非!
そんな素敵な窓を使ってるホームホームってどんな会社なんだろうと興味を持った方
資料請求やご相談いつでもお待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせください。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

この記事を書いた人

CS 武内 聡(たけうち さとる)
担当業務にかける想い

家は自分とお客様だけでは建てられません。関わるすべての人達に感謝と尊敬を一日も忘れずに仕事をして、マイホーム完成までともに歩んでいき、完成後もお客様との繋がりを、ご縁を大切にしていきたいです。

趣味や休日の過ごし方

最近スケボーを始めました!今はまだそーっと乗ってますが、かっこよく乗れるように日々練習です。興味が湧くとすぐ行動するのですが趣味として長く続かない事が多々あります(笑)

お客様へのメッセージ

夢のマイホームを一緒に考え、どんな些細な事も相談して頂ける間柄を目指し、そのイメージをより良い形にしていけるように力を合わせて行けたらと思います!

武内 聡 のブログ一覧