北側道路の土地のメリットとは? ~土地探し編~

家づくり豆知識 2021.02.13

北側道路の土地のメリットとは? ~土地探し編~

こんにちは、山口です。

雪もすっかり溶けこのまま暖かくなるといいですね。

さて、本日は土地について。

家づくりを始めたばかりの方で土地をすでにお持ちの方はどれだけいらっしゃるでしょうか。
私の体感ですと10組のご家族のうち3組くらいかな~?と思います。

そのほとんどが、もともとお持ちのモノが多く、「家づくりのために先に土地だけ買ってあります!」…って方少ないと思います。

なぜならば、土地を買うにあたって「いい土地とは何なのか?」「この土地は良いの?」「どんな建物が建てれるの?」という事がなかなかご自身で判断することが難しく不透明だからではないでしょうか。
そんな方はまずこちらをご覧頂ければと思います。

そして、土地探しをしていると色んな土地に出会います。

細かいお話をすると、同じ坪数でもその土地に定められているルールが違うので家づくりを始めた方にとってはさらに土地探しの難しさに直面すると思います。

そんな中でも今日は多くご意見のある『場所は良いんだけど北側の道路なんだよねぇ~』『南向きならなぁ~』ってことについて。

そもそもなぜ、北側道路の土地が懸念されるのかということから申し上げると色んなデメリットが予想されますが、

・土地が狭いと1階の日当たり悪くなりがちなイメージ
・駐車スペースの配置が難しいイメージ
・間取りの難易度が高いイメージ

ではないかなぁと思います。

ですが、考え方によっては悪い事ばかりじゃないのかな…?間取りによっては良いこともあるのでは?と思い今日はそんなことを書いてみます。
他にも近年の平均気温上昇を受け、夏場が年々とにかく暑い北陸ですが南向きは確かに冬場も天気の良い日は暖かいものの夏場の暑さは厳しい為、夏場でも南向きと比較して涼しい北側道路という点においても考え方によってはデメリットがメリットに変わるのではないかと思います。また駐車場も道路に面した北側に配置されるケースが多いので直射日光による建物への色焼けなども抑えることができるのではないか…?(車のボディなども)
と思ったり、日本では南側道路の土地が良いというイメージが非常に強いので南側道路の土地は安くなるケースは少ないですが同じエリアでも北側道路の土地は安くなるケースが多々あります。

いい場所に住みたいけどでも予算が…というお話は日常茶飯事でお伺いすることが多いですが土地の南北の長さを確保することができれば建物の配置、間取り、窓の工夫次第で暗くならずに魅力的な住まいをつくることも難しくはないのでは?と思います。
少しだけ視点を変えることで土地探しの選択が広がり、夢のマイホームのお手伝いができたらなと思っております。

また、土地についてもなかなか自分たちで情報収集ができない…という方もお気軽にご相談ください。

まだまだ書きたいことはあるのですが今日はこの辺で。
ありがとうございました。

この記事を書いた人

役員 山口 莉奈(やまぐち りな)
担当業務にかける想い

「何棟建てたか?」ではなく、何組のご家族に、「ホームホームで建ててよかった」と思っていただけるかが大切だと思っています。お客様の大事な方が家づくりをする際には、家を建てるなら自信をもって「ホームホームがいいよ」と言っていただけるような家づくりをご提供したいという想いでお手伝いさせていただいてます。

趣味や休日の過ごし方

お酒を飲むのが好きで食べ歩き・飲み歩きをよくします。へたくそですがゴルフをしたり、旅行に行ったり、神社巡り(御朱印集め)なども趣味で、毎月1日には【おついたち参り】に行くことは欠かさず続けています。 あとは、一向にやせませんが万年ダイエットをしているのでもはや趣味の域かと…(笑)

お客様へのメッセージ

繋がるご縁への感謝を忘れずに安心してお家づくりができるよう、お家を建てた後も、家族の皆様が幸せに暮らして頂けるように迅速かつ丁寧なお仕事することを大切にしています。楽しく思い出に残るようなお家づくりを一緒にしましょう☆

山口 莉奈 のブログ一覧