賃貸物件の修繕に行ってまいりました。

現場レポート 2020.11.03

賃貸物件の修繕に行ってまいりました。

ホームホーム山口です。

先日、友人から
「助けて~…」と写真が1枚とともに一件のラインが来ました。

開いてみると、コレ。

賃貸物件の修繕に行ってまいりました。 画像1


友人宅(アパート)の寝室ベッドの近くの壁なのですが
寝ぼけて蹴って穴が空いたらしいです…
そんな簡単に穴あく?どんな強さで蹴ったの?ってかんじですが(笑)

うちで建てたお家ではなく築2年の賃貸のアパートなのですが
規約なども覚えていないし、新築アパートに穴をあけてしまって、
高い修繕費が取られたりしたらどうしよう…
これ最小限の方法でなおせない?とのヘルプラインでした。

困っているならばなんとかしますとも…ということで、

一旦穴が空いたところを切り取って、ボードを貼りなおして

賃貸物件の修繕に行ってまいりました。 画像2

賃貸物件の修繕に行ってまいりました。 画像3


クロスをきれいにつなぎ目を合わせて元通り。

賃貸物件の修繕に行ってまいりました。 画像4

クロスが廃盤になっていなくてよかったです。
(特に柄物はメーカーの予告なく廃盤になることが多々あります)


余談ですが穴のあいた部分から壁と壁の中を見てみましたら
軽天と呼ばれる下地にボードをドーンと貼ってその上にクロスが貼ってあるだけだったので
そりゃちょっと蹴ったくらいで穴があくわけだー。
壁と壁の中はほぼ空洞みたいなものですからね。

賃貸物件なのでそんなもんっちゃそんなもんなのでしょう。

でもこれが住宅の場合も起りうることです。
建売のお家なんかは割とそれに近いものもあると思います。
全部が全部ではありませんが。

ふさいでしまってから見えない部分をきちんと施工する事が大切です。

ホームホームは
目に見えなくなる部分も丁寧に施工させて頂きたく思い、
大工工事だけで3ヶ月の工期をいただいております。

まぁ、何はともあれ
最小限でなおって、喜んでいたので良かったです。

小さい軽微な工事ですが、ご要望があれば迅速に対応する事を心がけております。
いただくご縁を大切に…!

本日もお読み頂きどうもありがとうございました。

この記事を書いた人

役員 山口 莉奈(やまぐち りな)
担当業務にかける想い

「何棟建てたか?」ではなく、何組のご家族に、「ホームホームで建ててよかった」と思っていただけるかが大切だと思っています。お客様の大事な方が家づくりをする際には、家を建てるなら自信をもって「ホームホームがいいよ」と言っていただけるような家づくりをご提供したいという想いでお手伝いさせていただいてます。

趣味や休日の過ごし方

お酒を飲むのが好きで食べ歩き・飲み歩きをよくします。へたくそですがゴルフをしたり、旅行に行ったり、神社巡り(御朱印集め)なども趣味で、毎月1日には【おついたち参り】に行くことは欠かさず続けています。 あとは、一向にやせませんが万年ダイエットをしているのでもはや趣味の域かと…(笑)

お客様へのメッセージ

繋がるご縁への感謝を忘れずに安心してお家づくりができるよう、お家を建てた後も、家族の皆様が幸せに暮らして頂けるように迅速かつ丁寧なお仕事することを大切にしています。楽しく思い出に残るようなお家づくりを一緒にしましょう☆

山口 莉奈 のブログ一覧