無垢材のメンテナンス

ブログ 2020.10.17

無垢材のメンテナンス

こんにちは!
いや~寒いですよね(笑)
既に布団から出るのが嫌になりつつある
ホームホームの武内です。

寒いですけどこの時期にキャンプなんて
絶対楽しいですよね!!
密にならずにできますし
寒い中であったかい飲み物やBBQしながら
暖をとり、満天の星空の下で焚火を囲んで話したり…
と考えるだけでワクワクしてきますね(^^)/

でも昨日白山市でツキノワグマが出て
4人が襲われたニュースを見ました。
怖い(T_T)
今年は結構目撃されていて県は10年ぶりに
最高レベルとなる「出没警戒情報」を発令していたらしいです。
キャンプするの怖くなりますね(;^ω^)


さて!(急な切り替わりですいません笑)
今日は無垢材のメンテナンスについて。
カラーフロアと違いメンテナンスが大変だという
イメージをお持ちの方が多いと思いますが
実際にやってみてそんなに大変ではないと私は感じました。
まぁ個人差はもちろんあるのであれですけど。

無垢であろうがカラーフロアでも
もちろん日に焼けると変色はするので
あまり変わらないのかなと。

今回は拭いてもとれなかった汚れを
綺麗にとって目立たなくしてきました!

まずはこちら

無垢材のメンテナンス 画像1

オイルのような汚れが。
これは拭いても取れませんでした。
なのでサンドペーパーで擦り落とします!
本物の木なので表面をこすっても問題ありません。
カラーフロアなどですと物によっては
合板の上に木目シートが貼ってあるだけなので
削ることが出来ません。

サンドペーパーでこすると

無垢材のメンテナンス 画像2

表面の汚れと塗料が削れて白くなります。


ここに
おなじ塗料を塗っていくと

無垢材のメンテナンス 画像3

この通り(^^)/
知らなければどこを補修したかわからないくらい綺麗ですよね。
自分やってみてすごく簡単だなと思いました。

塗るのも筆とかではなく
使わなくなった布タオルなんかでサッと塗れるので
お子様やお年寄りの方でも簡単に出来るのではないでしょうか。

しかもこの塗料、リボス塗装と言いこれも自然素材で
最悪赤ちゃんが舐めても大丈夫なものです(^^)
他の塗料だと木の表面に塗り無垢の木の特徴である
呼吸ができなくなり木の特性を最大限に活かすことができません。
ですがこのリボス塗装違は木が呼吸できるものなので
人にも木にも良い塗料なんです。

木の特性を活かして人にも優しいなんて最高ですよね('▽')

色も種類が沢山あるので是非内見会などで
実際に見ていただければなと思います。

長くなりましたが
お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

CS 武内 聡(たけうち さとる)
担当業務にかける想い

家は自分とお客様だけでは建てられません。関わるすべての人達に感謝と尊敬を一日も忘れずに仕事をして、マイホーム完成までともに歩んでいき、完成後もお客様との繋がりを、ご縁を大切にしていきたいです。

趣味や休日の過ごし方

最近スケボーを始めました!今はまだそーっと乗ってますが、かっこよく乗れるように日々練習です。興味が湧くとすぐ行動するのですが趣味として長く続かない事が多々あります(笑)

お客様へのメッセージ

夢のマイホームを一緒に考え、どんな些細な事も相談して頂ける間柄を目指し、そのイメージをより良い形にしていけるように力を合わせて行けたらと思います!

武内 聡 のブログ一覧