動線を意識

家づくり豆知識 2020.10.01

動線を意識

こんにちは。
設計を担当させて頂いております作田です(*'ω'*)

今回はじめてのブログ更新です。
少しでもお役にたてる記事になれば☆と思いながら書きます。

今回のテーマは「動線」について
家事動線、洗濯動線、など動線という言葉を一度は耳にしたことがあるかなと思いますが、
(そうでもないです。。。?)
『動線』とは、日常の生活や仕事で、建物内を人が移動する経路を線で表したものです。

おうちづくりでは、この動線を意識することがとても重要です。

それはなぜか。。。

動線を意識せずにプランをすると、行ったり来たり、、、、と
本来ならしなくてもいい動きを無駄にしなければならなくなり、ストレス
いっぱいの生活をしなければならなくなります。

動線の中でもよく意識されるのは家事動線かと思いますが、
例えばこのプラン

動線を意識 画像1

家事動線に回遊性があります。お料理の合間にお洗濯も楽々、
脱ぐ→洗う→しまうも近場で完結できる動線を組み込んだプラン
になっています。
FIC(ファミリークローゼット)はLDK側からもアクセスでき、朝の身支度
もスムーズです!
ズボラな私はサンルームの近くにFICが絶対欲しい派です。。。
しまうのが面倒で、今は次の洗濯まで洗濯ものがぶら下がりっぱなし
になってしまっております。
近くにFICがあれば、干したハンガーごとFICへ移動☆
干場がスッキリするから、次のお洗濯の際もストレスなし!


他にも帰宅動線を意識したこのプラン

動線を意識 画像2

お子様が泥だらけで帰ってきても、リビングを経由せずに
お風呂場に直行できます。
また、玄関とLDKの動線上近辺に洗面台があるので、手洗い
してから、LDK、自分の部屋へと無理なく進むことが可能です。

このように各々自然に動いている動線をいかに無駄なく、効率的に
できるかを考えながらお部屋の配置を考えると、それぞれのご家庭
にあった最適な間取りになるかと思います(*^-^*)

この記事を書いた人

設計 作田 慧子(さくだ けいこ)
担当業務にかける想い

お客様と一緒に創りあげていく過程も大事にしたいと思っています。ご家族と一緒に毎回楽しく、あーでもない、こーでもないとお打合せをさせて頂いております。お打合せも一緒に楽しんで進めていけたらと思っています。

趣味や休日の過ごし方

子供が二人いて、中々一人の時間が持てない為、たまに一人で過ごせるときはゆっくり撮りためたドラマを見たり、友達とランチ(すこし高めの。。。)したり、美容院に行ったりしています。自分だけの為に使える時間は今の私にとっては至福の時間です。

お客様へのメッセージ

お客様の想いをお伺いし、ご家族のための一棟を一緒に創りあげていきたいと思います。担当でよかったと言って頂けるお仕事ができるよう、これからも精進し、努めて参ります☆よろしくお願い致します。

作田 慧子 のブログ一覧